北朝鮮の報道を見ていたら日本国憲法のことをなんとなく考えた。

 先進国の間では、たとえどんなにメンドクサイもめごとが起こっても、いきなり戦争で決着をつけるなんてことはまずありえない。技術が進みすぎてしまっているので、勝った方も、負けた方も、その損失、後始末を考えると、戦争なんてあり得ない、事実上不可能になっている。当たり前の感覚として、先進諸国の間では、日本国憲法第九条とかがデファクトスタンダードになっていて、当たり前に普通の人が普通に生きていけるということが当たり前に保証されていなければならないと普通に思われている。なんだかんだ言っても、先進諸国の間では平和憲法みたいなものが空気のように当たり前になっている。考えてみれば、このことはなんか申し訳ない気もする。先進国グループには入っていない国の人たち、それどころではない、国民を当たり前に守ってくれるはずの「国家」すらあやういような国に住んでいる人たちもいる。「あんたたちってなんかずるい」って思われているだろうな。ほんと、そう感じる。だから、北朝鮮の小さな王子様は「核兵器開発したんだぞ、一人前だぞ」って、仲間に入れろって騒いでいるように見える。この星には日本国憲法というようなものがあって、それが当たり前に機能している、最近はあやしくなっては来ているが、それなりに豊かに文化的に普通に安全に生活している人たちのいる国々がある。そういう国から来た人たちが地下鉄や東横線や山手線に乗っていたりする。ビジネスだけではなく、旅行に、観光に来ている人たちだ。

 もちろんそうでないところに住んでいる人たちも大勢いるわけで、というか、そういう人たちの方が断然多いわけで、この星の別のところからこっちを見ているような気がする。そういう問題の、ある種ゆがんで特殊に凝縮してしまったような問題が北の小さな王子様問題なのかもしれない。「あんたたちってなんかずるい」問題というものがあること、それがもう手に負えない所にまで来てしまいそう、日本国憲法の、しかし、半端ない資本主義のキツイ大変なことになりつつあるこの国、だけれどもやはりお花畑のこの日本にミサイル飛んできちゃうの?ってところまできた。というわけで、さてどうやってなだめたらいいんだか。先進国は、戦争は無理だ、ガチンコでガンガンやるなんてできない。原発事故とちがってあらかじめ被害地域を限定できない。というか、原発事故なんてもう絶対あり得ないいやだ。というわけで、先ずは抑止力か。日本国憲法を変える。第九条を変える。でもそれは、「あんたたちってなんかずるい」問題に対する直接的な回答に思われてしまうような気もする。日本国憲法の、なんかのほほんとした平和な感じ。なんか平和的なやり方っていうもの。窮状を変えるときに、そのことに意識的でないと、平和的な感性というか、世界に対する関心のひとつの在り方が消えてしまう不安がある。そしてそこに空白ができる。第九条は変えなければならないだろう。しかし生じてくる空白には予測不能なものがありそうな気がする。誰かが想像力を働かせているのかな。たぶんそうだろな。紅白歌合戦の前に誰かなんか言って欲しいな。期待しよう。

 

北朝鮮は国際社会に受け入れられるには。イニシエーションということ。

子供が大人になること、それは、成人式つまりは通過儀礼、それは、伝統的な社会では、イニシエーションとして設定されていた。国際社会、もしそんなものが本当にあるのならば、北朝鮮は、若い子供である金正恩はそれを「通過」しなければならないだろう。イニシエーションとは「象徴的な死」を潜り抜けなければならない儀式である。国際社会において「大人であること」とはどういうことなのか。彼はそれを「核兵器を持つこと」だと突き付けてきた。

コドモのままに大人になる。そんなことがゆるされていいのだろうか?でも、大人って誰なの?世界の大統領ドナルド・トランプちゃんは大人なのかしら?大人になっていると思いこんでいた僕たちはこまってしまう。「象徴的な死」とは何なのだろうか。われわれ日本人は、もしわれわれが大人であるのならば、それをどうやって乗り越えたのだろうか。天皇陛下のことを考えなければならないのかもしれない。小さな国の小さな王子にとって、「象徴的な死」とはどういうことなのだろうか。いまはそれを誰も知らない。大きな子供と小さな子供が、ともにそれを「経験」しなければならない。我々は見ているだけだ。これは儀式なのだ。そうあってほしい。

プロレスのように。ポストツゥルースの着地点はあるはずだ。

子供の時に初めて見たプロレスは真実の試合だった。それがどんなプロスポーツにも似ていないことが分かるには大した時間はかからなかった。プロレスはひとりひとりの心の中にだけ真実があるだけで、現実の真理とは何の関係もない。オリンピックはナショナリズムの、プロ野球愛郷心の、プロサッカーはフーリガンの、それぞれの真実を現実にもたらしている。権威があり、尊敬があり、共感があり、真実があり、持続する集団的な記憶や誇りがあり、それぞれの土地に、そこの人々に、意味と霊感を与える。それに対して、プロレスはリアルななにものも与えることはない。自分の中でだけの真実であり、自分の中でだけの意味と霊感だ。プロレスは世界の、現実の、人々の生活の、何も全く変えることがない。しかし、プロレスは、ファンの一人ひとりを確実に変える。興奮と共感、失望とそれなりの満足をもたらしてくれる。プロレスの世界では、ナチスのような差別主義も、リベラルな正義感も、興奮も憎しみも、すべてリングの中で輝きながらその場限りのその時限りのフェイクのパフォーマンスの時間の中で物語を聞かせて終わる。大したわだかまりも失望や快感もその場限りで消化しておしまい。

 そういう意味では、これは、現代の社会が発明した新しい経験だ。最後に残った「機能する」啓蒙主義だ。自分の中でだけの理想主義、自分の中でだけの希望、自分の中でだけの良心。まったく世界を変える力を持つことはないけれど、良くも悪くも、社会を変えるという意識をもたらすことはない。そういう意味では、人々をそのままにしておく。このような消極的な啓蒙主義、理想主義、昨日から明日が大して変わることもないような退屈な日常がそのままに続くこと。それがどんなにか素晴らしいことなのか、ようやく我々は知る。ポストツゥルースを無害なものにしてくれるかもしれない何かがここにはある気がする。

 20世紀のアメリカの、混乱している社会が崩壊していくような気分が広がりつつあった時に、カート・ヴォネガットSF小説の中で「無害な非真実」というアイデアを出していた。ヴォネガットであれば今何を言うだろうか。トランプはプロレスのプロモーターをやっていた。トランプ大統領をヴォネガット的人物だと誰かに言ってほしい。彼を「無害な非真実」であると着地点を示してほしい。「ここがリングだ!みんな集まれ!」歴史に名を残したいのなら、安倍晋三よ、東京でプロレスを興行せよ。アジア太平洋選手権,Tokyoワールドシリーズ、夢の世界平和選手権だ。世界の大統領ドナルド・トランプvsアジアの虎北の王者金正恩。裁くレフリーは世界のマリオ、今回はシンゴジラ安倍晋三、世界を冷温凍結出来るかどうか。安倍晋三がんばれ!!

北朝鮮に那須与一(なすのよいち)がいるのなら。

トランプは何をするのだろうか。普通に考えると、とんでもないことになってきているのではあるが、でも日本じゃ「とんでもないことでございます。」みたいなことは何だか普通のことになっているみたいだし、われわれ日本人たちは、なんか気楽にしている。「核ミサイルを持ってるぞ、ICBMだぞ。グアム島の沖にミサイル落して見せてやる。日本なんか火の海だぞ」ってキムちゃんははしゃいでいる。しかし、北朝鮮のことをどうこうするとかいっても日本じゃどうにもならない。というわけで、くだらないことを想像することにした。平家物語のエピソードみたいに、トランプにはやってもらいたいことがある。グアム島の沖にきらびやかに飾ったかっこいい船に、トランプさんご自慢のビキニの美女に大きなハートのエースのカードを掲げさせて、「金正恩よ!このトランプを射落としてみよ!」と挑発してもらいたい。もし、北朝鮮のご自慢のミサイルが見事に的を打ち落としたら、トランプならどうするだろうか。

「みごとじゃ、金正恩。よし、お前らの望みをかなえてやるぞ。安全条約を結んでお前の国を同盟国にしてやる。金も技術も経済開発も約束してやる。うまくやろうぜ!あの嫌な中国野郎に核ミサイルを向けて脅かしてやろうぜ。お前は大したやつだ。根性もあるし、いいやつだと思ってたぜ。これで中国包囲網は完璧だ。」。トランプ偉い、頑張ってね。北朝鮮那須与一はいるか。北朝鮮も頑張れ。これで中国もおとなしくなるであろう。東アジアは繁栄するぞ。今日は何の日だ。終戦記念日とかいうメモリアルデーであった。トランプの裸の美女が見たい。誰かもっと面白い妄想があれば教えてね。

テレビとショービニズムは相性はいいのだろうか?

ショービニズムとは編集

 

 笛吹けども踊らずであってもとりあえず演出しとけばテレビは食っていける。東京オリンピックがどんな感じになるのかはわからないけどいつのまにか終わっているようならいいと思う。だけども「跡始末」は面倒だろうな。